確かなぬくもり

冬の到来が、
楽しみになる薪を。

木々を鮮やかに彩った紅葉が、大地に帰りはじめる頃、
梢の輪郭は夕映えに浮かび、冬の足音が聞こえてきそうです。
薪ストーブはすでに、何度めかの慣らし運転を終え、
リビングのログラックには、新しい薪が準備されました。
パワフルで安定したあたたかさが長く続く、そんな薪があれば
厳しい寒さの到来さえも、家族の楽しみに変わります。
耳に心地よい、薪のはぜる音(ね)を聞きながら
ゆらめく炎を見つめるひとときは、この時季ならではの贅沢。
はぜるねは、頼りになる確かなぬくもりをお届けしています。