薪の保管

専用ハウスで
じっくりと自然乾燥。

薪にとって一番重要な「含水率」。
含水率は、火のつき具合・火持ちの良さ、
そして、薪ストーブの性能を引き出し安全に使用するために
最も大切な要素です。
はぜるねでは、薪の乾燥に最適な環境下で管理するため、
日当たりと風通しのよい専用ハウスにて保管しております。
1年ものは含水率20〜25%以下、
2年ものは含水率20%以下のものをお客様のもとにお届け致します。

数ヶ月〜半年

屋外で雨ざらしにすることで、
薪のアクを適度に抜き、乾燥を早めます。

半年〜1年

透明フィルムのビニールハウスにて保管。
薪の乾燥に最適な環境をつくり、短期間で高品質な薪を育てます。

1年〜

1年経過後は遮光・遮熱フィルムの倉庫に移動し、
過乾燥による品質の劣化を抑えます。