薪の品種と特性

販売している薪の
特性をご紹介します。
ナラ(コナラ・ミズナラ・クヌギ混在)

火力が強く、火持ちが良い、樹脂が少ない。
薪をくべる頻度が少なくて済み、煙突内の汚れも少ない。
そんな最も優れた木材は、ナラをおいて他にはありません。
逆に火つきは良くありませんが、おき火が残るため
長時間暖かさをキープしてくれます。
薪ストーブ用として最もポピュラーな木材です。

広葉樹ミックス(サクラ・クリ・シデ混在)

サクラは、火持ちと熱量こそナラに劣りますが、
独特の上品な香りを楽しめるため、ファンの多い木材です。
クリは、木目が通っているのできれいに割ることができます。
火持ちと熱量も高く「パシッ、パシッ」と大きな音をたてて
火の粉を散らしますが、それも楽しみという方もいます。
シデは、きめ細かい白い木肌とその堅さが特徴です。
いずれも薪として優れた木材をミックスしました。

スギ

火付きがよいので焚き付けに最適です。また入手し易く加工が楽なので価格がリーズナブルです。しっかり乾燥させた薪を適切に焚いていればススやタール・煙の問題もほとんどありません。スギの特性を活かし、広葉樹の薪と組み合わせて焚くことをおすすめします。火持ちがよくないというデメリットは、薪を大割にすることである程度カバーできます。

<スギの活用シーン> ・焚き付けのとき ・早く温度を上げたいとき ・連続暖房が不要なとき 例)季節の変わり目など少し肌寒いとき、起床から出勤までの短時間

<上手に焚くポイント>
・焚きはじめ以外に大量の細い薪を投入すると急激に温度が上がり、薪ストーブを傷める可能性があるので注意 ・火持ちを重視して空気量を絞りすぎると不完全燃焼を起こしやすいので十分な空気量を保つことが大切 ・樹種の割合は、広葉樹:スギ【7:3】で用意しておくと便利