測定結果報告書

はぜるねの薪の安全を
お伝えいたします。

わたしたちが取り扱ってきた阿武隈山系のナラ材は、
きのこの原木として、国内シェアの5割を占めるほどでしたが、
震災以降は、原発事故の影響で使用が難しくなりました。
薪としても最高の木材でしたから、大変残念でなりません。
現在わたしたちは、林野庁の定める基準値に従い、
阿武隈山系のナラ材とともに、
放射性物質の心配のない県外産の原木を視野に直接現地まで赴き、
しっかりと見定めて仕入れしています。
良質な薪を今後もお客様にご提供するために、
仕入れごとに、現地または福島で放射性物質検査を行ない、
測定結果報告書を随時掲載してまいります。

検査年月日/採取地名
平成30年10月10日/福島県田村郡小野町浮金・茨城県つくば市寺具
平成29年9月29日/茨城県つくば市寺具
平成28年2月4日/山形県西村山郡朝日町
平成28年1月6日/福島県田村郡小野町夏井地内
平成27年7月23日/長野県小諸市法野甲・長野県立科町藤沢
平成24年1月6日/秋田県大館市早口字長坂
平成23年11月25日/岩手県九戸郡九戸村大字山屋